自然景観保護を活かして、温暖化防止に貢献

京都の和束町はお茶の産地で有名です。
和束茶の歴史は古く、鎌倉時代にまでさかのぼり、江戸時代に入ると天皇家御用達のお茶とされました。
平成の世になっても、最高峰のお茶を生み出す和束の独特の茶畑は美しく、京都府選定文化的景観にも選定されています。

DSC00414s

江戸時代、和束は「禁裏御料地(皇室の土地)」として、最高峰のお茶を産出。