南極で史上最高気温17.5℃を観測

世界気象機関(WMO)は、南極大陸内の気温として史上最高の
17.5℃
を観測したと発表しました。
観測された日付は2015年3月24日だそうです。

いままでの最高は1974年1月5日に観測された14.6℃でした。

観測された3月は南極のある南半球では夏に当たりますが、気温上昇は地球温暖化が原因と見られ、環境への影響が心配されます。